ウォーターエナジーのウォーターサーバーで毎日が良水生活☆

~大切な人の命を守る水~

ウォーターエナジー レンタルパック

ウォーターエナジー

天然活性水素水!
日田天領水冷却専用ウォーターサーバーを無料レンタル実施中!

●全国一律 3,045円(2個1組)


【内容】
・ウォーターサーバーと日田天領水BIB10Lx2個 (ウォーターサーバーは初回にお届け)
※ウォーターサーバーの無料レンタルの対象は、日田天領水の定期購入をご契約の方となります。
・定期購入とは、基本的に6ヶ月以上の継続が条件です。
※お客様からのお申し出がない限り、定期的に商品(毎月1組以上)をお届け致します。
・月々のウォーターサーバーのメンテナンス料はかかりません。
(基本的にメンテナンス自体が必要ございません。)
・代金のお支払いは、商品のお受け取り時に宅配業者にお支払い頂く代金引換払いのみとなっております。
・弊社では現在クレジットカードでのお支払いは取り扱っておりません。

《注意事項》
ご注文の際にご記入いただいたご住所または、御電話番号へ、確認のご連絡をさせていただき場合がございます。
ご連絡がとれない場合は、ご注文をお受けできないことがございます。
予めご了承くださいますようお願い申し上げます。
申し込み方法はコチラから

ウォーターサーバーの無料レンタル

ウォーターエナジー

ミネラルウォーターの需要の増加とウォーターサーバーの関係


ボタンひとつで手軽に、よく冷えたミネラルウォーターを、注ぐことができるウォーターサーバー!
ひと昔前までは病院などの限られた場所で利用されるものと認識してる人も多かったはず・・・

しかし現在、食の安全に対する意識の高まりは、普段何気なく飲んでいる水にもひろがり、市場でのミネラルウォーターの売り上げは増加しています。

ミネラルウォーターの需要が高まるにつれ、便利なウォーターサーバーは家庭のリビングにも置けるような、よりコンパクトでスタイリッシュなデザインのものまで登場するようになりました。



ウォーターエナジーのレンタルパックの詳細


ウォーターエナジーのウォーターサーバーは、活性水素水とも呼ばれるミネラルウォーター「日田天領水」

その日田天領水を、工場でボトリングされた自然のままの状態でお届け。
いつでも手軽においしく、また安全にお飲みいただけるようにとのおもいから生まれました。

株式会社「日田天領水」では、ウォーターサーバーを1台23,100円で販売しています。(2013年1月税込価格)
弊社ウォーターエナジーのレンタルパックをご利用いただきますと、このウォーターサーバーが無料でレンタルいただけます。実際に使っている人の感想は?>>>お客様の声を集めてみました。

各社ウォーターサーバーが出ていますが、ウォーターサーバーを比較してみるとレンタルのところがほとんどです。
低価格のところをお探しでしたら安いウォーターサーバーはどこ?安い順ランキングを参考にしてみてください。
賢く活用して、おいしいお水のある生活を。

いつまでも美味しい水を飲むために私達ができること

生活排水

水は無限にあるように思えますがそうではありませんよね。
限られたものを繰り返し使っています。

私達は家庭の蛇口からでた水を洗濯や掃除によって汚して流しています。
普段あまり気にもとめないことかも知れませんが、生活排水が一番水を汚しているのだとか。
ちょっとした工夫で節水や汚染水を減らすことができますからぜひ実践してみてください。

朝の洗顔から始まって、手洗い、トイレ、料理、洗濯、掃除、入浴、シャワーなどなどあらゆるシーンで水を使っていますね。
一般家庭における一人あたりの水の使用量は1日平均約240リットルと言われています。
500mlのペットボトル480本分ですからすごい量ですね。

私もまさかこんなに使用しているとは思いませんでしたが、ついつい水を流しっぱなしにしてしまうことがあります。
歯磨きの際、たった30秒水を流しっぱなしにするだけで約6リットルの水が流れ出ます。
シャワーを3分使えば約36リットルですし、食器を洗う際に5分出しっぱなしにすれば約60リットルです。
そう考えるとあっという間に240リットルなんて使ってしまいますよね。

気にもかけないところで水を無駄に使用しています。
ということはちょっと意識すれば節水することも簡単です。

歯磨きの際はコップに水を汲む、蛇口はこまめに閉めるなど意識してやってみましょう。

  

また生活排水は水を汚す一番の原因でもあります。
工場からでる産業排水よりずっと深刻です。

生活排水に含まれる汚れは下水処理をしても完全にキレイになるわけではありません。
トイレの排水は浄化処理することが義務付けられていますが、その他の生活排水については法的規制がないといいます。
下水道の整備が充分でないところは生活排水がそのまま川へそして海に流れ出ているのです。

家庭から出る汚水を魚が住めるまでに戻すのには大量の水が必要です。
例え場使用済みの天ぷら油20mlを魚が住める水質にするには6000リットルの水が入ります。
マヨネーズ15mlでは3900リットルです。
どれだけ水を汚しているかがわかりますね。

【生活排水対策】

私達ができる川や海を汚さない工夫はいろいろあります。

①食べ残しは回収。流さない。
②食器や鍋の汚れは紙などで拭いてから洗う
③味噌汁や麺のつゆなども残さないようにする
④使用済み油は流さない。
⑤洗剤は生分解性の高いものを使用する
⑥側溝にゴミを捨てない

いつまでも安全で美味しい水を飲めるように私達一人ひとりが普段から気を付けなければなりません。

災害に備える

ウォーターサーバーで災害に備える

2011年の日本の水道普及率は97.6%で、蛇口からいつでも水が出ることが当たり前になっていますね。
でも災害が起これば水道水の供給が止まってしまうこともあります。
私達は水がなければ生きていくことができません。
飲むだけでなく、生活のさまざまなシーンで水が必要になるので断水は本当に大変です。

2011年の東日本大震災の際には約220万戸以上が断水しました。
そのことによっていかに水が大切かが分かった人も多くいたでしょう。

水道の復旧には時間がかかるといいます。
阪神淡路大震災の時には、電気が約1週間、電話が約2週間で復旧しました。
でも水道の復旧には約3ヶ月もかかったそうです。

最近もまた日本のあちらこちらで地震が起きています。
いつどこで何があるかわからない時代です。
災害に備えて準備している人も多いでしょうが、水の確保は確実にしておきましょう。

一人あたり飲水として3リットル、生活用水も合わせると1日最低6リットルは必要になります。
阪神淡路大震災の時は給水車が十分活動をはじめられたのが地震発生から2~3日後でした。
ですから最低3日分の水を備蓄しておかなくてはなりません。
一人あたり9リットルは最低でも必要ですね。

ペットボトルのミネラルウォーターを常備している家庭もありますね。
賞味期限が5~10年と長い備蓄用のミネラルウォーターも市販されています。

またポリ容器などに水道水を汲み置きする方法もありますが、安全に保存できる期間は3日間です。
毎日水を汲み変えたほうが良いでしょう。

とくに東日本大震災後に注目されているのがウォーターサーバーによる備蓄水です。
4人家族であれば3日間分の水で36リットル必要なので、ウォーターサーバーの水ボトル3本(12リットル入り)あれば何とかなります。
少し多めに注文しておき常に何本かのボトルが自宅にあれば安心ですね。

備蓄水としてもOK!ウォーターサーバーの「ウォーターエナジー」

Ads by Sitemix